お風呂で浮かんだアイデアを残しておける!ダイソーの耐水メモ

日々つれづれ

こんにちは、ことりえ(@writer_kotorie)です。

湯船に浸かってボーッとしていると、いろんなアイデアが浮かんできませんか。私は妄想癖が激しいので、湯船の中でもいろんなことが頭の中を駆け巡ってウヘウヘしているんですが、その中でも、めっちゃヒラメクときがあるんですよ!

「あっ! たまご買ってくるの忘れてた!」とか、

「せや! あの本の書評書くの忘れてた!」とか。

お風呂から上がったらメモしておこうと思っていても、体を拭いて麦茶を飲む頃にはすっかり忘れています。そこで、お風呂の中でもメモができるものがないかなぁとあれこれ探してみたら、ありました。

耐水メモです。

ダイソーの文具コーナーで108円で売ってました。ありがたいですよねぇ。

スポンサーリンク

水の中でこそ、書き心地が良い

この耐水メモは、特殊な紙でできていて水に濡れても破れません。しかも、普通に破ろうと思っても破れないんです。

それもそのはず、クリーニングに出したときに、洋服に付けてあるタグってあるじゃないですか。破ろうと思っても破れない丈夫な紙。あの紙でできたメモが、この耐水メモなんですよ。

書き心地は、お世辞にも決していいとは言えない。しかし、紙が水に濡れている状態だととっても書きやすいという変な紙なんです。

筆記具はシャープペンシルがおすすめ

ボールペン、鉛筆、シャープペンシル、いろんな筆記具を使って湯船の中で書いてきましたが、一番オススメの筆記具はシャープペンシルです。いわゆるシャーペン。

上の写真は三菱鉛筆の2Bです。木をコーティングしてあるので水を弾いていいかなと思いましたが、コーティング材がお風呂場の湿気でやられてポロポロ剥がれてきてダメでした。

次にボールペンを試しましたが、速攻書けなくなりました。

3番目に試したのは、ダイソーで販売されていた20本くらい入ってる、おまけに100円という鉛筆。

コイツです。

コーティングされてないので、ポロポロ剥がれるものがなくて長持ちするかなと思って買いました。

もうね、品質が悪すぎる。パックリ割れてます、パックリ。

書けないことはないんですが、いかんせん、割れてるので書きにくい(笑)。

ということで、耐水メモに書くには、一番書きやすくて割れない、おまけに長持ちするシャーペンが一番オススメです。

高いシャーペンじゃなくても、安いシンプルなシャーペンで十分。

仕事のアイデアが浮かんでも、買い物しなきゃいけないものを忘れていても、耐水メモとシャーペンをお風呂場に常備しておけば、お風呂上がりに忘れても大丈夫。湯船の中でメモっておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました